TOP

科捜研の女 season18 第4話 あらすじ|超★雑談まとめ

超★雑談まとめ

ニュース・時事ネタ、ドラマ・アニメ・ゲーム・趣味 など、色々な雑談
 

超★雑談まとめ TOP  >  ドラマ >  科捜研の女 season18 第4話 あらすじ
★pickup★
 

科捜研の女 season18 第4話 あらすじ

2018年11月15日放送
テレビ朝日 木曜20:00~

科捜研の女 season18

第4話



あれこれ まとめ




<あらすじ>
子供服会社社員・和登(斉藤祥太)が着ぐるみ姿のまま殺され、脱がせるとボイスレコーダーが出てきた。そこには男性を罵倒する女性の声が録音され、背後には周囲に会話の内容を聞こえにくくする「会話マスキング音」が流れていると分かる。和登の会社にもマスキング音の装置があり、マリコ(沢口靖子)らは部長の日美子(国生さゆり)はじめ女性社員達の声紋鑑定を行う。

【科捜研の女 season18】の記事一覧


[ 2018/11/15 12:50 ] ドラマ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿
15文字まで






 ★あれこれ まとめ★
   
検索フォーム

カテゴリー
★pickup★
おすすめ記事
逆アクセスランキング
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: