TOP

いつかこの雨がやむ日まで 第7話 あらすじ|超★雑談まとめ

超★雑談まとめ

ニュース・時事ネタ、ドラマ・アニメ・ゲーム・趣味 など、色々な雑談
 

超★雑談まとめ TOP  >  ドラマ >  いつかこの雨がやむ日まで 第7話 あらすじ
★pickup★
 

いつかこの雨がやむ日まで 第7話 あらすじ

2018年9月22日放送
フジテレビ 土曜23:40~

いつかこの雨がやむ日まで

第7話



あれこれ まとめ




<あらすじ>
國彦(桐山漣)が歩道橋から転落し、意識不明の状態で病院に搬送された。ひかり(渡辺麻友)は國彦の様子を見て思わず笑みを浮かべる。それを由布子(斉藤由貴)に指摘され、自分の中に芽生えた感情に気付いたひかりは、恐怖を覚える。一方、剛田(木村祐一)はなぜ千尋(星野真里)が國彦をかくまっていたのか、なぜ政治家の矢吹(京本政樹)が15年前の殺人事件の目撃証言を改ざんさせたのかを思案し、ある推理を矢吹にぶつける。

【いつかこの雨がやむ日まで】の記事一覧


[ 2018/09/22 13:00 ] ドラマ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿
15文字まで






 ★あれこれ まとめ★
   
検索フォーム

カテゴリー
★pickup★
おすすめ記事
逆アクセスランキング
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: