TOP

限界団地 第7話 あらすじ|超★雑談まとめ

超★雑談まとめ

ニュース・時事ネタ、ドラマ・アニメ・ゲーム・趣味 など、色々な雑談
 

超★雑談まとめ TOP  >  ドラマ >  限界団地 第7話 あらすじ
★pickup★
 

限界団地 第7話 あらすじ

2018年7月21日放送
フジテレビ 土曜23:40~

限界団地

第7話



あれこれ まとめ




<あらすじ>
殺人を告白した寺内(佐野史郎)から逃げるように団地を出た江理子(足立梨花)はホテルに潜伏。だが、寺内は江理子の息子・颯斗(前田虎徹)を巧みに操り、彼女に手紙を渡す。そこには、団地住人と最後の親睦会を開き、‘一団心中’するとの内容が書かれていた。一方で、寺内が進める団地取り壊しの反対運動に対し、きちんと引っ越しできるように考えるべきだという住民達が署名を拒否し始める。逆上した寺内は強権を発動し…。

【限界団地】の記事一覧


[ 2018/07/21 13:05 ] ドラマ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿
15文字まで






 ★あれこれ まとめ★
   
検索フォーム

カテゴリー
★pickup★
おすすめ記事
逆アクセスランキング
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: