TOP

そろばん侍 風の市兵衛 第8話 あらすじ|超★雑談まとめ

超★雑談まとめ

ニュース・時事ネタ、ドラマ・アニメ・ゲーム・趣味 など、色々な雑談
 

超★雑談まとめ TOP  >  ドラマ >  そろばん侍 風の市兵衛 第8話 あらすじ
おすすめ記事
 

そろばん侍 風の市兵衛 第8話 あらすじ

2018年7月14日放送
NHK総合 土曜18:05~

そろばん侍 風の市兵衛

第8話



あれこれ まとめ




<あらすじ>
空きだるの横流しを知った市兵衛(向井理)は、渋井(原田泰造)の情報としょうゆ運搬船の船頭・仁三郎(木下ほうか)の話から、さらに大きな不正に気付く。広国屋で大口の客を担当する売倍方では、木綿をしょうゆ運搬船に隠してひそかに江戸に持ち込み、高値で売りさばいていた。それはご法度の「直買い」で、そこには老中・土井家が絡んでいるという。市兵衛は、権力による不正を信正(筒井道隆)に知らせ、協力を求める。

【そろばん侍 風の市兵衛】の記事一覧


★pickup★
 

[ 2018/07/14 12:50 ] ドラマ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿
15文字まで






 ★あれこれ まとめ★
   
検索フォーム

カテゴリー
★pickup★
おすすめ記事
逆アクセスランキング
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
相互リンク募集中!


アンテナサイト

(申請中)