TOP

大河ドラマ 西郷どん 第14話 あらすじ|超★雑談まとめ

超★雑談まとめ

ニュース・時事ネタ、ドラマ・アニメ・ゲーム・趣味 など、色々な雑談
超★雑談まとめ TOP  >  ドラマ >  大河ドラマ 西郷どん 第14話 あらすじ

大河ドラマ 西郷どん 第14話 あらすじ

2018年4月15日放送
NHK総合 日曜20:00~

大河ドラマ
西郷どん

第14話 「慶喜の本気」






<あらすじ>
米国総領事ハリスが将軍・家定(又吉直樹)に謁見(えっけん)するが、幕府は対応策がなく、混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助(鈴木亮平)は橋本左内(風間俊介)と共に慶喜(松田翔太)将軍擁立運動を進める。しかし、慶喜は将軍になることを固辞する。大奥では、篤姫(北川景子)の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)が激怒し、吉之助と左内は八方ふさがりとなる。さらに、井伊(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていた。

【西郷どん】の記事一覧


[ 2018/04/15 09:00 ] ドラマ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

カテゴリー