TOP

闇の伴走者 ~編集長の条件~  第3話 あらすじ|超★雑談まとめ

超★雑談まとめ

ニュース・時事ネタ、ドラマ・アニメ・ゲーム・趣味 など、色々な雑談
超★雑談まとめ TOP  >  ドラマ >  闇の伴走者 ~編集長の条件~  第3話 あらすじ

闇の伴走者 ~編集長の条件~  第3話 あらすじ

2018年4月14日放送
WOWOW 土曜22:00~

闇の伴走者 ~編集長の条件~

第3話






<あらすじ>
綿貫(今野浩喜)が画稿の闇取引をしていると確信した優希(松下奈緒)と醍醐(古田新太)は、自白を迫る。綿貫はそのことを認め、専務・利則(阿部翔平)の関与も明かす一方、南部(岩松了)の死には一切関わっていないと主張。また、南部もこの闇取引に気付いていたが見逃していたと話し、優希らは理解に苦しむ。そんな中、醍醐は南部が残した1枚の画稿が、戦後最大の謎である「下山事件」の一部を描いたものであると気付く。


[ 2018/04/14 13:11 ] ドラマ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

カテゴリー